【短編集】バベル

【短編集】バベル

概要

藤宮南月による短編集第2弾。
SFやファンタジーなど、さまざまなジャンルの、どこか不思議な物語。

 icon-chevron-right 短編集
 icon-chevron-right 全5話
 icon-chevron-right 106ページ
 icon-chevron-right 文庫サイズ

あらすじ

少女ノアは、調査艦ヤコブの第一エリアに暮らしていたが、父の死とともに、貨物船第七エリアへの移住を余儀なくされる。
ある日、不思議なメッセージを受けとったノアは、その意思に導かれ、宇宙船や人類の歴史を高度高級言語バベルで書き始める。その頃ノアたちを乗せる舟は、ゆっくりと、ブラックホールへ近づいていた……。(表題作「バベル」)

人類をはるかに凌駕する知能と寿命、そして巨大で頑丈な肉体を持った存在・天人。天人の三姉妹、櫻子・翠子・馨子の洋館で働く下女のすみれは、兄を馨子に喰われたことで、天人を激しく憎んでいた。
洋館に勤める女医の紫陽は、そんなすみれを諌めるが、彼女の父もまた、天人の食事となっていた。
ある日すみれは、地下室で天人の子供の姿を目撃してしまう。そして、その子供を殺そうとするが。(「天人画報」)

収録作

「バベル」
戯曲「ロサ・アルバ」
「クリアスタック」
「人魚喰って、吐いて。」
「天人画報」

商品ページ

アリスブックス


 icon-chevron-right サークル名:v!v!t(びびっと)
 icon-chevron-right 全年齢
 icon-chevron-right 666円 (税抜)
通販ページを開く

カテゴリの最新記事